かっぽう着はなぜあんなにも注目されたのか? 働く女性を普通に見られない日本

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

2014年1月、神戸市の理化学研究所で行われた記者会見は、普段とはまったく違う、華やかな雰囲気に包まれていた。カメラの前にいたのは、小保方晴子氏(30)。立ち上がると、ひざ上丈のフレアスカートがふわりと揺れ、フラッシュが一斉にたかれる。かっぽう着姿やファンシーな研究室とともに、歴史に残る大発見をした「若くてかわいらしい女性」というイメージが、メディアを通じて大量に流布される始まりだった。「かっぽう着などは不必要な報道だったのでは?」「これって男目線じゃないですか」。「活躍する女性」を、その性別、年齢、容姿といった属性だけで見てしまうメディアや社会のあり方の裏には、何が隠されているのか。小保方氏の理研採用のプロセス、政治や経済の世界で活動する女性に対するこれまでの報道などを振り返りながら、日本社会に今でも残された「隠された意識」を探ってみる。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:6599文字/単行本換算で11ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

2014年1月、神戸市の理化学研究所で行われた記者会見は、普段とはまったく違う、華やかな雰囲気に包まれていた。カメラの前にいたのは、小保方晴子氏(30)。立ち上がると、ひざ上丈のフレアスカートがふわりと揺れ、フラッシュが一斉にたかれる。かっぽう着姿やファンシーな研究室とともに、歴史に残る大発見をした「若くてかわいらしい女性」というイメージが、メディアを通じて大量に流布される始まりだった。「かっぽう着などは不必要な報道だったのでは?」「これって男目線じゃないですか」。「活躍する女性」を、その性別、年齢、容姿といった属性だけで見てしまうメディアや社会のあり方の裏には、何が隠されているのか。小保方氏の理研採用のプロセス、政治や経済の世界で活動する女性に対するこれまでの報道などを振り返りながら、日本社会に今でも残された「隠された意識」を探ってみる。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:6599文字/単行本換算で11ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。