書籍の詳細

『男と女の快楽大全』『成田アキラのテレクラ道 奥の色道』など、実体験に即した数々の実録マンガで知られる成田アキラ。そんな漫画家が、本業である(?)男女の性のあれこれを離れ、自身の思考をもとに「この世が何で出来上がっているのか?」を解き明かす!! 物理学、宇宙論、素粒子論、相対性理論、超弦理論、遺伝子工学など、各種科学理論を学んだうえで著者が提唱する「風揺れでない葉の理論」「非風揺葉(ひふうようよう)理論」とは?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

非風揺葉理論のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 女性との体験マンガの第一人者が、いつものマンガではなく活字で、自身の思考を紡ぎ出した逸品。体験マンガとはいえ、読者はあくまで“マンガ”として読むので、正直あまり考えずにコマを追っていることが多い。けれども、描き手は実際に女性との行為の間や、そこに至るまでの過程をすべて頭のなかに止めているわけで……行為の最中にメモを取っているわけではないことを考えると、もはや尋常ではない。本書は、そんな著者の思考過程を活字化したもの。心の存在、死への恐怖、拡張精神などについて独自の解釈と理論でアプローチしていく姿は、マンガのイメージとは異なる人物像を抱くかもしれない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月30日