書籍の詳細

人型強襲兵器を駆り「白銀の狼」と呼ばれた英雄ルート・ランガートの夢はパン屋を開くこと。戦争が終わり、無事パン屋を営むルートだったが、その怖い顔のせいか、さっぱり売れない。そこで窮余の策で募集したウェイトレスとしてやってきたのは、ルートの軍人時代の愛機「アーヴェイ」のAIから生まれたという白銀の髪と赤い瞳を持つ美少女だった。

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

戦うパン屋と機械じかけの看板娘のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    文章とイラストの違いが現実に引き戻す…
    面白いです。読みやすいしイラストのキャラも良く描けてると思います。
    ただ、文章の内容をイラストにしてるはずなのに
    違いがあって『あれ⁉️』と疑問に思い
    物語の世界から現実に引き戻されて
    読むペースが落ちてしまう…
    例えば
    文章では持ってるはずの機関銃がナイフに変わってたり
    真横にいるはずの人物が居なかったり…
    面白いのに…イラストのキャラも良く描かれてるのに…
    残念です。
    8巻まで読みましたが、一気に読んだというより
    何とか読み切った。という感じになりました。
    これなら作中のイラストを無くして巻頭のイラストだけの方が良いと思いました。
    内容は面白いので、気になった方は1巻だけでも読んだ見て判断してくださいね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月05日