【ケアのキーポイントがすぐわかる!すぐ役立つ!がん化学療法の薬 速習帳2015年版】 1 総論 (1)ケアにつながる 薬の種類と特徴のざっくり解説/(2)セルフケア指導の極意/(3)薬剤師にどう相談すればいいの? 気軽に質問!薬剤師活用術

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1.はじめに 新しいがん化学療法薬の出現、また一つの薬剤ががん種を越えて用いられるようになり、薬剤のケアも専門性が求められています。主要な副作用はしっかり対応し、ケアの部分は患者に合わせた個別対応が必要です。 2.殺細胞性抗がん薬と分子標的薬の違い 殺細胞性抗がん薬がん細胞は細胞分裂を活発に行ない増殖していきます。ほとんどの殺細胞性抗がん薬は、細胞分裂を障害するようDNAに働き掛けてがん細胞を死滅させます。細胞分裂がさかんな正常細胞(骨髄細胞、粘膜細胞、毛根細胞など)にも作用しますので、副作用として、骨髄抑制(白血球減少、貧血、血小板減少)、口腔粘膜炎、下痢、悪心・嘔吐、脱毛が一般的に認められます。これら主な副作用に加え、各薬剤で特徴的な副作用、たとえば、シスプラチンの腎機能障害、オキサリプラチンの末梢神経障害、ドキソルビシンの心障害などを知っておくといいでしょう。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1.はじめに 新しいがん化学療法薬の出現、また一つの薬剤ががん種を越えて用いられるようになり、薬剤のケアも専門性が求められています。主要な副作用はしっかり対応し、ケアの部分は患者に合わせた個別対応が必要です。 2.殺細胞性抗がん薬と分子標的薬の違い 殺細胞性抗がん薬がん細胞は細胞分裂を活発に行ない増殖していきます。ほとんどの殺細胞性抗がん薬は、細胞分裂を障害するようDNAに働き掛けてがん細胞を死滅させます。細胞分裂がさかんな正常細胞(骨髄細胞、粘膜細胞、毛根細胞など)にも作用しますので、副作用として、骨髄抑制(白血球減少、貧血、血小板減少)、口腔粘膜炎、下痢、悪心・嘔吐、脱毛が一般的に認められます。これら主な副作用に加え、各薬剤で特徴的な副作用、たとえば、シスプラチンの腎機能障害、オキサリプラチンの末梢神経障害、ドキソルビシンの心障害などを知っておくといいでしょう。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。