専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 頭蓋咽頭腫に対する拡大蝶形骨洞手術

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】頭蓋咽頭腫は下垂体柄を中心に発育し、周囲の重要構造物と強く癒着する性質があり、しばしば手術による全摘出が困難である。再発を繰り返し、放射線治療や手術などの治療を重ねるごとに手術が困難となるため、最初の手術が重要となる。内視鏡を使った拡大蝶形骨洞法においては、トルコ鞍および前頭蓋底を開窓することにより、視神経下面から後方の観察が可能である。術野を得るためには、鼻腔のCorridorの整理と、開窓部の前方側方への十分な拡大が必要となる。そのためには鼻腔、トルコ鞍周囲頭蓋底部の解剖の知識が重要である。また合併症として髄液漏が問題となるため、確実な頭蓋底再建の技術が必須である。手術技術や機器の進歩で確実な手術を行うことが可能になってきたが、いまだ発展途上と言える。今後は長期成績を示していく必要があり、また、機器の発展、手術法の工夫で術式の成熟が期待される。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】頭蓋咽頭腫は下垂体柄を中心に発育し、周囲の重要構造物と強く癒着する性質があり、しばしば手術による全摘出が困難である。再発を繰り返し、放射線治療や手術などの治療を重ねるごとに手術が困難となるため、最初の手術が重要となる。内視鏡を使った拡大蝶形骨洞法においては、トルコ鞍および前頭蓋底を開窓することにより、視神経下面から後方の観察が可能である。術野を得るためには、鼻腔のCorridorの整理と、開窓部の前方側方への十分な拡大が必要となる。そのためには鼻腔、トルコ鞍周囲頭蓋底部の解剖の知識が重要である。また合併症として髄液漏が問題となるため、確実な頭蓋底再建の技術が必須である。手術技術や機器の進歩で確実な手術を行うことが可能になってきたが、いまだ発展途上と言える。今後は長期成績を示していく必要があり、また、機器の発展、手術法の工夫で術式の成熟が期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。