【1分で理解する 整形外科看護のこれだけ!キーワード100 上肢・脊椎編】 4 脊椎にまつわるキーワード

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1 脊髄 脊髄は脳と末梢神経を結ぶ神経組織です。脊椎の中(脊柱管)を通っており、径は約10mmで小指程度の太さです。通常、脊髄は成人では頚椎から上位腰椎レベルにかけて存在します。 末梢から脳へ伝えられる感覚刺激や、脳からの運動信号はすべて脊髄を経由するため、脊髄の機能が障害されると障害が起きた部位によって特徴的な症状が起こります。脊髄の障害は大きく感覚障害(しびれなど)と運動障害(四肢の運動障害、筋力低下)に分けられ、多くの場合、感覚障害が先行します。 脊髄の障害は末梢神経障害とは異なり、障害部位以下の腱反射亢進を伴うことが多く、診断上、腱反射が重要な所見となります。圧迫による症状が進行してきた場合には手術を考えます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1 脊髄 脊髄は脳と末梢神経を結ぶ神経組織です。脊椎の中(脊柱管)を通っており、径は約10mmで小指程度の太さです。通常、脊髄は成人では頚椎から上位腰椎レベルにかけて存在します。 末梢から脳へ伝えられる感覚刺激や、脳からの運動信号はすべて脊髄を経由するため、脊髄の機能が障害されると障害が起きた部位によって特徴的な症状が起こります。脊髄の障害は大きく感覚障害(しびれなど)と運動障害(四肢の運動障害、筋力低下)に分けられ、多くの場合、感覚障害が先行します。 脊髄の障害は末梢神経障害とは異なり、障害部位以下の腱反射亢進を伴うことが多く、診断上、腱反射が重要な所見となります。圧迫による症状が進行してきた場合には手術を考えます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。