整形外科の歴史 214 20世紀初期から中後期へ アメリカ整形外科の近代化64 アメリカの手の外科の近代化(13)

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】朝鮮戦争とアメリカの手の外科医 1950年6月25日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)軍の韓国侵攻によって朝鮮戦争(Korean War)が勃発した。バネルは朝鮮戦争の際にも第二次世界大戦のときと同じように戦傷者の手の治療、リハビリテーションを行うために陸軍軍医部に参画した。さらにバネルは陸軍軍医部に10人のリーダーを推薦した。 陸軍軍医部での実務はニューヨーク市のセント・ルークス・ルーズベルト病院(St. Lukes-Roosevelt Hospital)のリットラー(J,William Littler)がトップとなって指導した。 陸軍軍医部の手の外科治療体系の確立に参画した1人であるビアスレイ(Robert W, Beasley. 1930~現、図1)は、後にニューヨーク大学(New York University)の手の外科の教授になり、手の外科学書(Beasley’sSurgeryof the Hand)の名著を出版している。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】朝鮮戦争とアメリカの手の外科医 1950年6月25日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)軍の韓国侵攻によって朝鮮戦争(Korean War)が勃発した。バネルは朝鮮戦争の際にも第二次世界大戦のときと同じように戦傷者の手の治療、リハビリテーションを行うために陸軍軍医部に参画した。さらにバネルは陸軍軍医部に10人のリーダーを推薦した。 陸軍軍医部での実務はニューヨーク市のセント・ルークス・ルーズベルト病院(St. Lukes-Roosevelt Hospital)のリットラー(J,William Littler)がトップとなって指導した。 陸軍軍医部の手の外科治療体系の確立に参画した1人であるビアスレイ(Robert W, Beasley. 1930~現、図1)は、後にニューヨーク大学(New York University)の手の外科の教授になり、手の外科学書(Beasley’sSurgeryof the Hand)の名著を出版している。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。