【「ひとことフレーズ」でツボを押さえてさくさく学べる新人が最初に知りたい眼科の疾患30】 4 眼瞼下垂

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】こんな病気 上まぶたが垂れ下がる 大きく分けて「先天性眼瞼下垂」と「後天性眼瞼下垂」があります。先天性は、生まれつき眼瞼挙筋の発育が十分でないことで起こり、重症例ではまぶたが完全に瞳孔を覆い視力の成長を妨げ、「形態覚遮断弱視」となる危険性があるため、早期に手術が必要です。 後天性は、加齢によってまぶたの筋力が衰える退行性(加齢性)眼瞼下垂がもっとも多く、次いでコンタクトレンズ長期装用者や、内眼手術後に起こるものが多いです。まぶたを挙げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなること以外では、周囲の結合組織や靭帯(眼瞼挙筋腱膜)が薄くなり伸びきったり、炎症などにより周囲の結合組織との癒着によって、眼瞼挙筋の力が十分に発揮できずに起こるといわれています。そのほかには、まぶた自体の炎症や外傷、腫瘍によって起こるもの、動眼神経麻痺やHホルネルorner症候群、重症筋無力症など多くの神経疾患に伴って起こり、原因疾患はさまざまです。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】こんな病気 上まぶたが垂れ下がる 大きく分けて「先天性眼瞼下垂」と「後天性眼瞼下垂」があります。先天性は、生まれつき眼瞼挙筋の発育が十分でないことで起こり、重症例ではまぶたが完全に瞳孔を覆い視力の成長を妨げ、「形態覚遮断弱視」となる危険性があるため、早期に手術が必要です。 後天性は、加齢によってまぶたの筋力が衰える退行性(加齢性)眼瞼下垂がもっとも多く、次いでコンタクトレンズ長期装用者や、内眼手術後に起こるものが多いです。まぶたを挙げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなること以外では、周囲の結合組織や靭帯(眼瞼挙筋腱膜)が薄くなり伸びきったり、炎症などにより周囲の結合組織との癒着によって、眼瞼挙筋の力が十分に発揮できずに起こるといわれています。そのほかには、まぶた自体の炎症や外傷、腫瘍によって起こるもの、動眼神経麻痺やHホルネルorner症候群、重症筋無力症など多くの神経疾患に伴って起こり、原因疾患はさまざまです。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧36冊の書籍

1~36件/36件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。