【「今どきの子は……」で片づけていない?ジェネレーションギャップに負けない新人指導】 (総論1)他業界に学ぶ、人材育成のヒント ジェネレーションギャップの先へ

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】他業界の人材育成を学ぶ意義 大手広告代理店、江戸切子の職人、イルカの調教師など、これまでさまざまな業界を取材し、人材育成の研究を重ねてきました。面白いことに、「うちの業界は特殊だから」「うちの会社は人材不足」と、ほぼどの業界・会社の方も同じことをおっしゃいます。 しかし実は、業界を超えて人材育成の構造が似ているケースがたくさんあるのです。たとえば、現在の看護業界と似ているのは、大都市の小中学校。どちらも大量採用された若手を少ない数の中堅・ベテラン世代が育てるという構造になっていて、共通点が多くあります。 一方で、看護業界にとっての「当たり前」が、他業界からすると「ありえない!」ことも多々あります。 看護業界には厚生労働省が公表した新人看護職員の卒後研修ガイドラインがありますが、民間企業で研修制度が整っているのは、従業員数100人以上の大企業を中心に、全体の0.1%程度でしょう。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】他業界の人材育成を学ぶ意義 大手広告代理店、江戸切子の職人、イルカの調教師など、これまでさまざまな業界を取材し、人材育成の研究を重ねてきました。面白いことに、「うちの業界は特殊だから」「うちの会社は人材不足」と、ほぼどの業界・会社の方も同じことをおっしゃいます。 しかし実は、業界を超えて人材育成の構造が似ているケースがたくさんあるのです。たとえば、現在の看護業界と似ているのは、大都市の小中学校。どちらも大量採用された若手を少ない数の中堅・ベテラン世代が育てるという構造になっていて、共通点が多くあります。 一方で、看護業界にとっての「当たり前」が、他業界からすると「ありえない!」ことも多々あります。 看護業界には厚生労働省が公表した新人看護職員の卒後研修ガイドラインがありますが、民間企業で研修制度が整っているのは、従業員数100人以上の大企業を中心に、全体の0.1%程度でしょう。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。