【アセスメント力を磨く ─患者の変化への対応】 転倒を低減する取り組み 転倒を予測する看護アセスメント力の教育

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 転倒・転落事故は患者単独で発生することが多く,転倒の要因は「転倒歴」「精神・認知障害」「関節可動性・歩行障害」「排泄状態と排泄パターンの変化」「睡眠導入剤などの薬剤使用」「病床周囲の環境」などがあり,さまざまな要因が複雑に絡み合って起こるため,事故防止のコントロールが困難な状況である。多くの病院が入院時に患者にアセスメントを行ないリスク分類ごとに対策を立てて実施している。しかし,多くの転倒事故は一瞬の隙を突いたかのように発生しており,現実には病棟内での転倒事故の報告は後を絶たない。 転倒事故報告書の内容をみると「看護師を呼ぶ方法がわからず1人で立ち上がったら転んだ」「ナースコールを持たせてくれなかったため,看護師を呼べなかったから自分でパンツを上げようとしてふらついて転倒した」「トイレまで誘導して患者から目を離したら転んだ」など,患者要因で発生した転倒事故の背景には,看護師が患者の危険を予知しながらも具体的にいつ危険なのかを予測できずに事故を起こしていることも多くある。特に看護の場面において正解がない判断を求められることが多々あるため,状況に合わせた判断を行ない,実践できる能力を養う必要があると考える。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 転倒・転落事故は患者単独で発生することが多く,転倒の要因は「転倒歴」「精神・認知障害」「関節可動性・歩行障害」「排泄状態と排泄パターンの変化」「睡眠導入剤などの薬剤使用」「病床周囲の環境」などがあり,さまざまな要因が複雑に絡み合って起こるため,事故防止のコントロールが困難な状況である。多くの病院が入院時に患者にアセスメントを行ないリスク分類ごとに対策を立てて実施している。しかし,多くの転倒事故は一瞬の隙を突いたかのように発生しており,現実には病棟内での転倒事故の報告は後を絶たない。 転倒事故報告書の内容をみると「看護師を呼ぶ方法がわからず1人で立ち上がったら転んだ」「ナースコールを持たせてくれなかったため,看護師を呼べなかったから自分でパンツを上げようとしてふらついて転倒した」「トイレまで誘導して患者から目を離したら転んだ」など,患者要因で発生した転倒事故の背景には,看護師が患者の危険を予知しながらも具体的にいつ危険なのかを予測できずに事故を起こしていることも多くある。特に看護の場面において正解がない判断を求められることが多々あるため,状況に合わせた判断を行ない,実践できる能力を養う必要があると考える。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。