【心不全のチーム医療 -高齢心不全患者をどう支えるか?】 [各職種の心不全チームへのかかわりと役割] 理学療法士の視点から

1100円 (税別)

獲得ポイント 11pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】●「運動療法」を中心とした回復期心臓リハビリテーション(心リハ)は,心不全の病態に関連するさまざまな要因を適正化し,生活の質(QOL)や生命予後を改善する. ●急性心不全患者における,急性期治療と並行した「早期離床」は,退院時の歩行能力や日常生活動作(ADL)などの機能的予後を維持・改善する効果が期待できる. ●理学療法士は,心不全患者の病期,併存疾患および身体機能から至適活動量を推測し,安全かつ効果的に心リハを実施するために,他職種と情報共有を図ることが必要となる. ●理学療法士は,包括的心リハを提供するチームの一員として,心不全患者における疾患管理の1つとして,患者自身が適切な身体活動を継続できるよう貢献することが重要である.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1100 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】●「運動療法」を中心とした回復期心臓リハビリテーション(心リハ)は,心不全の病態に関連するさまざまな要因を適正化し,生活の質(QOL)や生命予後を改善する. ●急性心不全患者における,急性期治療と並行した「早期離床」は,退院時の歩行能力や日常生活動作(ADL)などの機能的予後を維持・改善する効果が期待できる. ●理学療法士は,心不全患者の病期,併存疾患および身体機能から至適活動量を推測し,安全かつ効果的に心リハを実施するために,他職種と情報共有を図ることが必要となる. ●理学療法士は,包括的心リハを提供するチームの一員として,心不全患者における疾患管理の1つとして,患者自身が適切な身体活動を継続できるよう貢献することが重要である.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。