書籍の詳細

NHKでいま、何が起きているのか。その時、歴史は動いたのか。失われた法治を取り戻すには、どうすればよいのか。反知性主義が横行する時代を探る。上村教授は、NHK経営委員会委員長代行として籾井勝人NHK会長のさまざまな放言に対して、圧力に屈せず「放送法に反する」と直言し続けた。2015年2月、NHK経営委員を退任した会社法の権威が、経営委員会における籾井会長などとの論戦や出来事を「反知性主義」をキーワードに明らかにしていく。「反知性」が支配する組織運営や意思決定の「病原」を探る歴史的証言。同時に、法制審議会委員として経験した「会社法改正」審議や、法学部長として経験した大学改革をもとに、重要な意思決定や組織運営が、法・ルール・規範を無視し、「空気を読む」ことにだけ長けた反知性主義的ガバナンスに日本が支配されていることもNHKをめぐる動きの背景として明らかにする。「籾井会長は経営委員会が指名したのですから、私にも経営委員の一人としての責任があることは間違いありません。(中略)本書のような書物を出版することで、問題のありかをすべてさらけ出し、NHKの今後のあり方を検討するための素材を提供することこそが、私にできる責任の取り方と考えるほかはありませんでした。」(本文より)「私は、籾井会長の存在を許す現在の風潮、そこに見られる反知性主義的な空気にも本書で触れました。実は籾井会長問題はNHK問題だけを意味してはいないと強く感じたためです。そこでは、長年積み上げられた学問やその道の専門家の意見に敬意を払わず、報道の自由や学の独立に価値を見出さず、事あるごとに多数決を振りかざして少数意見を尊重しようとしない、きわめて反民主主義的な現在の政治状況があります。」(本文より)

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

NHKはなぜ、反知性主義に乗っ取られたのか―法・ルール・規範なきガバナンスに支配される日本のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  •  2015年12月9日、野坂昭如が死んだ。
     亡くなる直前に書いた最後の原稿は、「この国に、戦前がひたひたと迫っていることは確かだろう」と結ばれていたという(12月18日発売の月刊誌「新潮45」掲載)。焼け跡ヤミ市派として戦後社会を生きてきた物書きの感性は、〝一強〟安倍晋三首相が主導するこの国の先行きに危ういものを敏感に感じ取っていた。
     野坂昭如と同じように、〝嫌な空気〟が日本中に拡がりつつあるのではないかという思いから、公共放送NHKの内部でいま、何が起きているのかを自らの体験に基づいて明らかにした法学者がいます。2015年2月までNHK経営委員長代行の任にあった上村達男・早稲田大学法学部教授です。
     上村教授は、10月に発刊された本書『NHKはなぜ、反知性主義に乗っ取られたのか』(東洋経済新報社、電子版リリースは10月23日)でこう述べています(「はじめに――NHK経営委員を退任した日」より)。

    〈二〇一四年一月にNHK会長に就任した籾井勝人氏は、一月二五日に行われた就任会見の中で、国際放送における報道のスタンスについて、「政府が右と言ってるものを我々が左と言うわけにはいかない」「あくまでも日本政府とかけ離れたようなものであってはならない」という言葉を繰り返しました。
     さらに旧日本軍の慰安婦問題についての記者の質問に対し、個人的な見解と断った上で、「どこの国にもあった」と発言し、世論の強い批判を浴びます。
     私は、籾井会長の就任からしばらくの間は、「自分たち経営委員会が選んだ会長なのだから、サポートしていかなくては」という思いもあり、就任会見における発言に対しても、表立った批判はせずに、「せめて『今はそう思っていない』と言ってはどうか」などと申してきました。しかし、会長の側はまったく聞く耳を持ちません。発言についての訂正もなく、言動もますますひどくなる一方でした。〉
    〈二〇一四年三月のNHK経営委員会において、私は「国際放送について『右と言われたら左と言えない』という発言や、特定秘密保護法案について『通っちゃったのだから』など、この種の発言は、NHKのトップとして中身そのものが間違っている。『個人の見解は変わっていない』という中にそれらが入っているとすれば、とんでもないことだ」と批判しました。私の発言の内容は公開されている経営委員会の議事録にすべて記録されています。この批判が新聞に大きく報道されたことから、以後、私に対する籾井会長の敵視は決定的となります。〉
    〈私は今、「政府が右と言ったら左とは言えない」という籾井発言に象徴される、非常に嫌な空気が、報道の自由を守るべき放送局や学問の独立を本分とする大学など、日本中に拡がりつつあると感じています。〉

     放送法は、放送の原則について以下のように定めています。
     第一条 この法律は、次に掲げる原則に従って、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
     一  放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
     二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること。
     三  放送に携わる者の職責を明らかにすることによって、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

     NHKは放送法第一条によって、「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」と、その活動目的が定められています。著者の上村教授(前NHK経営委員長代行)は、この規定に照らして、「政府の方針に反する報道はできない」という趣旨の就任会見における籾井会長の発言を明白な放送法違反と断じています。放送法に違反する個人的見解を表明した籾井会長が、その発言を訂正しないことは会長としての資格に関わる重大な問題だというわけです。
     さらに上村教授は、籾井会長の強圧的な経営手法も職務への適性を疑わせると厳しく指摘しています。籾井会長が就任後最初に開かれたNHK理事会(厳密には異なりますが、企業の取締役会に相当すると考えていい)で理事全員に日付のない辞表の提出を強要したことは、国会でも問題となり、多くの新聞が報道しましたから、ご記憶の方も多いと思います。

    〈自分が気に入らない理事の首をすげ替え、NHKという組織を自分の意向に従う者だけで動かす形に変えようとしたのです。理事の選任は経営委員会の同意事項であることなどこれっぽっちも念頭にないのです。〉

     経営委員会の同意を得ることに留意することなく、専横的な運営に走る籾井会長の言動の多くが表には出ていません。しかし、経営委員長代行として自ら見聞きしたことを踏まえて上村教授はそうした内情の一端をこう明かしています。

    〈現在、NHKにおいては、強権をふるう籾井会長のもとで不当なポジションに追いやられ、非生産的な業務に従事せざるをえない理事、職員が数多くいます。私の耳にも、現場からの悲痛な声が届いています。彼らは立場上、主張したいことがあっても声を上げられないのです。〉

     NHKの看板報道番組「ニュースウォッチ9」のキャスターを5年間にわたって務めてきた大越健介氏が2015年3月27日、降板しました。官邸の意向が背景にあるなどと取り沙汰されましたが、上村教授は、冷静な筆致で次のように綴っています。2013年11月に経営委員に選任された作家の百田尚樹氏(2015年2月末に退任)の経営委員会における発言を巡ってです。

    〈(百田氏は)経営委員としてはほとんど発言がありませんでしたが、一度だけ経営委員会で、ニュース番組「ニュースウオッチ9」の大越健介キャスターが「在日コリアン一世は強制連行で苦労した」という趣旨の発言をしたことに対して、「在日韓国・朝鮮人を日本が強制連行したと言っていいのか。NHKとして検証したのか」と述べています。
     その後で、大越キャスターが「ニュースウオッチ9」を降板したため、「強制連行についての発言が原因か」と話題になりました。
     大越キャスターは、それまでは「安倍さんに気を遣い過ぎではないか」と批判する向きもあったのですが、強制連行についての発言を百田さんに批判されました。大越さんの異動は公式には定期の異動ということになっていますが、実際はどうでしょうか。そうだとしても、官邸の意向をかなりむき出しで出していく近時の状況が、そうでないのではないかという感想を一般に抱かせるものであるとは言えるように思います。安全保障関連法案について、いくら説明をしても、国民が戦争法案だと思うのも、やっていることが一政権の性格や都合で左右されているのではないかという疑いをもたれていることに原因があると思います。NHK問題もその点は似ていると思います。(中略)
     ところで、この経営委員会での百田さんの発言の際には、たまたま浜田委員長が体調不良で欠席されたために、私が議事進行をしていました。執行部との合同会議の際に、冒頭でいきなり百田さんが大越キャスターの件を持ち出しましたので、それは議事進行の最後の、その他の問題のところで話して欲しいと申しました。そこで、議事が終了した段階で、百田さんに発言を促しました。そこで先のような発言をしましたので、私は、途中で発言を遮って、今の発言は放送を見ての感想ですね、と申しました。と言いますのは、放送法三条は「放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない」と定めていますので、百田さんの発言が、それについての回答を理事に強制したり、何かをさせようとするようなものですと、干渉・規律付けになってしまうからです。感想と干渉の違いは、感想なら執行部は答えても良いし答えなくても自由ですが、干渉はそれ以上のことを求める場合です。干渉となったら百田さんが放送法違反の行為をしたこととされ、それを見逃した私の責任にもなりますので。百田さんは、そこでは感想であることを了解しましたので、収まったわけです。〉

     法に照らして正しくないこと、許されざることをその場できちんと指摘した上村前代行のような存在は、いまもいるのか、気になるところです。そもそも、掟破りがまかり通る状況こそ問題とすべきだというのが、上村教授(前経営委員長代行)の主張です。上村教授は、反知性主義とは「実証性や客観性を無視して、自分が欲するように世界を理解する態度」という佐藤優氏の説明を紹介し、不都合な真実をも真実として認める「知的誠実」を欠いた「反知性主義」がNHKを覆いはじめていると警鐘を鳴らしているのです。そのことを最もよく示してるのが籾井会長の有り様ということになるのでしょうか。上村教授の籾井評はこうです。

    〈籾井氏は物事を徹底して敵味方で考えるタイプでもあり、政党でいうなら、自民党は味方で民主党は敵。新聞なら産経、読売は味方で、朝日、毎日、東京は敵という感覚です。そして自分が「敵」と思った相手は、どんな正しいことを言おうと、「あいつはおれの敵だから言っているのだ」という論法で全否定します。この論法だと議論する必要がないですし、議論が出来るようになるための修養も不要なのです。〉

     反知性主義がはびこっているのは、NHK内部だけではないようです。安倍首相に異を唱えることができなくなっている自民党、そして日本全体を反知性主義が覆いはじめている――上村教授の警鐘に耳を傾けてください。(2015/12/18)
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年12月18日