序盤で差をつける「場」の理論

952円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。序盤で大事なことは、「大きいところ」に打つこと。それは、囲碁が強い弱いに関わらず、囲碁ファンにとって当然の常識です。しかし、「大きいところ」を、みなさんは本当に理解しているでしょうか?本書は、「美人は追わず」などの語録で定評のある苑田九段が、「石数を数えれば、すべてがわかる」という「場」の理論はもちろん、「攻め」「模様」「定石」など、知らなければあっという間に差がつく序盤の考え方を徹底的に解説しています。「模様はお店」「相手の選択肢が減る手は良くない」などの、実戦ですぐに役立つ苑田語録も満載。本書を読めば、囲碁観が大きく変わるだけでなく、勝率も大幅にアップすることでしょう。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 952 円(税別)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。序盤で大事なことは、「大きいところ」に打つこと。それは、囲碁が強い弱いに関わらず、囲碁ファンにとって当然の常識です。しかし、「大きいところ」を、みなさんは本当に理解しているでしょうか?本書は、「美人は追わず」などの語録で定評のある苑田九段が、「石数を数えれば、すべてがわかる」という「場」の理論はもちろん、「攻め」「模様」「定石」など、知らなければあっという間に差がつく序盤の考え方を徹底的に解説しています。「模様はお店」「相手の選択肢が減る手は良くない」などの、実戦ですぐに役立つ苑田語録も満載。本書を読めば、囲碁観が大きく変わるだけでなく、勝率も大幅にアップすることでしょう。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 序盤で差をつける「場」の理論
  • 著者名: 著:苑田勇一
  • eBookJapan発売日: 2015年10月22日
  • 出版社: マイナビ出版
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 243ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 48.0MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 囲碁マイコミ囲碁ブックス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。