書籍の詳細

300を超える中学、高校がひしめき合い林立している学校だけの都市。この学園都市の創始者であり総理事長の一人息子、徳川家夷。自称IQ300の家夷が学園内の揉め事から徳川家に対する謀反まで、全てを解決する珍妙活発 学園コメディー

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

徳川生徒会のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 氏の初期作ではボケ専科
    デビュー作が購入できたので、他の作品もチラホラm(_ _)m。
    割と中津作品というのは作品毎にポジションがハッキリしていて、基本を網羅したスイーパーシリーズや、ややシリアスとストーリー性を加味した「じごく変」とあって、
    この作品はとことんくだらないです(^^ゞ。
    まず主人公が正直「バカ殿」。
    天才と言いつつ自分の都合で総てを回す「愚か者」の鏡。
    似たスタイルの「パタリロ!」とも違って定見も無くほぼ場当たり。
    ソレを中津マンガ特有のキャラで固めるというのがこの作品なのだが、君主絶対の性格上どうしてもソレが歪んで展開する(-_-;)。
    結果1木1草残らないとか(特にラストは)しょうもない結果で終わるとか・・・・
    このようにくだらない作品ではあるんですが、キャラの個性を存分に引き出してるので、けっこう軽く笑えます。
    この作品は部外者になるのではなくぜひ学園街のいち生徒になった気でお読み下さい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年05月20日