【Step up MRI 2015 -臨床応用のためのMRI技術の現在と未来-】 [VI]体内埋め込み型医療機器が変える安全性の概念 1.SARとB1+RMS

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】デバイス埋め込み患者のMRI検査における安全性において,最も重要かつ評価の困難な要因の一つはRF磁界による発熱である。発熱の指標として,従来は主として組織における比吸収率(specific absorption rate:SAR)が利用され,これが撮像条件として記載されてきた。しかし,一般に,MRI装置のコンソールに表示されるSARの値はRFアンプ出力電力から算出され,実際に組織に吸収されるエネルギーより大きな値として示される。このため,組織における発熱を過大評価することになり,検査に必要なRF磁界の強さ,印加時間およびデューティサイクルが低めに制限されるという問題があった。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】デバイス埋め込み患者のMRI検査における安全性において,最も重要かつ評価の困難な要因の一つはRF磁界による発熱である。発熱の指標として,従来は主として組織における比吸収率(specific absorption rate:SAR)が利用され,これが撮像条件として記載されてきた。しかし,一般に,MRI装置のコンソールに表示されるSARの値はRFアンプ出力電力から算出され,実際に組織に吸収されるエネルギーより大きな値として示される。このため,組織における発熱を過大評価することになり,検査に必要なRF磁界の強さ,印加時間およびデューティサイクルが低めに制限されるという問題があった。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧29冊の書籍

1~29件/29件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。