【食道がん治療戦略のUp to Date】 3領域リンパ節郭清を伴う開胸食道癌手術の低侵襲化の工夫

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 食道癌は比較的早期にリンパ節転移をきたし,その頻度も高く範囲も広範であることが知られている.そのため,従来わが国では食道癌に対する手術では食道の原発巣の切除とともに,頸部,胸部,腹部の3領域にわたる徹底したリンパ節郭清が行われてきた.したがって,食道癌手術は消化器癌手術の中でももっとも侵襲の大きなものの一つとなっている.当科でも食道癌に対する基本術式は,3領域(頸部,胸部,腹部)リンパ節郭清をともなった右開胸開腹術を標準としているが,開胸開腹による食道癌手術においても術式の工夫により低侵襲化は可能であり,また,低侵襲化の工夫とともに周術期管理の徹底によって術後合併症リスクの低減が可能である.本稿では当科で行っている手術侵襲の低減の工夫と周術期管理について紹介する.

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 食道癌は比較的早期にリンパ節転移をきたし,その頻度も高く範囲も広範であることが知られている.そのため,従来わが国では食道癌に対する手術では食道の原発巣の切除とともに,頸部,胸部,腹部の3領域にわたる徹底したリンパ節郭清が行われてきた.したがって,食道癌手術は消化器癌手術の中でももっとも侵襲の大きなものの一つとなっている.当科でも食道癌に対する基本術式は,3領域(頸部,胸部,腹部)リンパ節郭清をともなった右開胸開腹術を標準としているが,開胸開腹による食道癌手術においても術式の工夫により低侵襲化は可能であり,また,低侵襲化の工夫とともに周術期管理の徹底によって術後合併症リスクの低減が可能である.本稿では当科で行っている手術侵襲の低減の工夫と周術期管理について紹介する.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧5冊の書籍

1~5件/5件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。