【経口抗凝固薬の展望】 5 経口抗凝固薬服用時の出血性合併症とその対処

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】大出血や頭蓋内出血関連因子として、高齢者、日本人を含むアジア人、脳卒中の既往、MRI-T2*画像での微小出血信号、アスピリン併用、腎機能障害、低体重などが報告されている。大出血や頭蓋内出血を回避する方法として、高血圧、高血糖、喫煙、過度のアルコール摂取などの管理できる因子を徹底的に治療すること、抗血栓薬の併用を避けること、頭蓋内出血発症率の低い非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)を選択すること、およびワルファリン投与中の適切な用量管理が重要である。大出血時には休薬、止血、点滴による尿量確保、出血性脳卒中では十分な降圧を行う。ワルファリン療法中はビタミンKや第IX因子複合体投与を、NOAC療法中は第IX因子複合体投与や内服後早期であれば活性炭投与を念頭に置く。ダビガトランは透析で取り除くことが期待され、現在各NOACで中和薬が開発されている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】大出血や頭蓋内出血関連因子として、高齢者、日本人を含むアジア人、脳卒中の既往、MRI-T2*画像での微小出血信号、アスピリン併用、腎機能障害、低体重などが報告されている。大出血や頭蓋内出血を回避する方法として、高血圧、高血糖、喫煙、過度のアルコール摂取などの管理できる因子を徹底的に治療すること、抗血栓薬の併用を避けること、頭蓋内出血発症率の低い非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)を選択すること、およびワルファリン投与中の適切な用量管理が重要である。大出血時には休薬、止血、点滴による尿量確保、出血性脳卒中では十分な降圧を行う。ワルファリン療法中はビタミンKや第IX因子複合体投与を、NOAC療法中は第IX因子複合体投与や内服後早期であれば活性炭投与を念頭に置く。ダビガトランは透析で取り除くことが期待され、現在各NOACで中和薬が開発されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。