てんかん余話 抗てんかん薬の発見・開発の歴史

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】「抗てんかん薬」という名称が用いられるようになったのは20世紀の後半からで、そのためには、次のことが広く認識される必要があった。 すなわち、 (1)てんかんが大脳神経細胞の過剰発射の結果起こる反復性発作疾患であること。 (2)持続服薬によって発作を抑制し、発作準備性を低下させることができること。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】「抗てんかん薬」という名称が用いられるようになったのは20世紀の後半からで、そのためには、次のことが広く認識される必要があった。 すなわち、 (1)てんかんが大脳神経細胞の過剰発射の結果起こる反復性発作疾患であること。 (2)持続服薬によって発作を抑制し、発作準備性を低下させることができること。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。