surgical skills 難症例の白内障手術 角膜混濁眼の超音波白内障手術戦略

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 角膜混濁を伴う白内障に対する超音波手術では,手術操作の難易度そのものよりも,術中の良好な眼内視認性の確保が手術の成否を決める最も重要なポイントとなる.そして,視認性が不良な状況のなかでも,いかに従来通りの手術操作を安全かつ確実に完遂できるか,普段の手術における鍛錬と心掛けが手術を失敗しないためのコツと言える.また,ひとまとめに角膜混濁と言っても,その程度や成因はバラエティーに富んでいる.これまで角膜白斑のような部分的な混濁を伴う白内障が手術適応の中心であったが,最近は角膜内皮移植の進歩に伴い,水疱性角膜症を有する白内障も内皮移植することを前提に白内障手術や同時手術を行うことがあり,角膜混濁眼の白内障手術を行う頻度が今後少しずつ増える可能性が予想される.本稿ではこれらのことを踏まえて,角膜混濁眼での白内障手術の実際について解説する.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 角膜混濁を伴う白内障に対する超音波手術では,手術操作の難易度そのものよりも,術中の良好な眼内視認性の確保が手術の成否を決める最も重要なポイントとなる.そして,視認性が不良な状況のなかでも,いかに従来通りの手術操作を安全かつ確実に完遂できるか,普段の手術における鍛錬と心掛けが手術を失敗しないためのコツと言える.また,ひとまとめに角膜混濁と言っても,その程度や成因はバラエティーに富んでいる.これまで角膜白斑のような部分的な混濁を伴う白内障が手術適応の中心であったが,最近は角膜内皮移植の進歩に伴い,水疱性角膜症を有する白内障も内皮移植することを前提に白内障手術や同時手術を行うことがあり,角膜混濁眼の白内障手術を行う頻度が今後少しずつ増える可能性が予想される.本稿ではこれらのことを踏まえて,角膜混濁眼での白内障手術の実際について解説する.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。