【大腿骨骨幹部骨折に対する手術治療 手術のバリエーションとその応用】 応用編 8 大腿骨におけるPeriprosthetic Fractureに対する手術療法

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 近年人口の高齢化が進み,それに伴い人工股関節全置換術(THA),人工骨頭置換術(BHA),人工膝関節全置換術(TKA)の数も年々増加傾向にある.矢野経済研究所による各インプラントの国内出荷数ではTHAが2012年は約5万件,BHA約6万3千件,TKA,UKA(unicompartmental knee arthroplasty)約7万6千件であり10年前の約2倍となっている.一方THA,UHAのステム周囲に骨折を生じる割合は,初回手術後で約1%以下,再置換手術後で約4%程度とされ,その件数は年々増加していると推測される.よってTHA,BHA,TKA症例数の増加に伴い再置換,インプラント周囲骨折に対するより深い知識,技量が望まれるようになった.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 近年人口の高齢化が進み,それに伴い人工股関節全置換術(THA),人工骨頭置換術(BHA),人工膝関節全置換術(TKA)の数も年々増加傾向にある.矢野経済研究所による各インプラントの国内出荷数ではTHAが2012年は約5万件,BHA約6万3千件,TKA,UKA(unicompartmental knee arthroplasty)約7万6千件であり10年前の約2倍となっている.一方THA,UHAのステム周囲に骨折を生じる割合は,初回手術後で約1%以下,再置換手術後で約4%程度とされ,その件数は年々増加していると推測される.よってTHA,BHA,TKA症例数の増加に伴い再置換,インプラント周囲骨折に対するより深い知識,技量が望まれるようになった.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。