【大腿骨骨幹部骨折に対する手術治療 手術のバリエーションとその応用】 手術法解説 6 小児の大腿骨骨幹部骨折

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】手術の目的・適応・概要 小児の大腿骨骨幹部骨折に対して従来は保存療法が選択されていたが,近年は学童期の小児には創外固定,髄内釘,フレキシブルネイルやプレートを使用した手術療法が好まれる傾向にある.骨折に伴う早期の運動障害を防ぐ医学的な目的のみならず,介護する家族の負担を軽減する社会的目的もその理由に挙げられる.海外では学童期(6~11歳)の症例に対してはフレキシブルネイルが大腿骨骨幹部骨折の標準治療と考えられているが,本邦では手術手技に熟練が必要なことや不安定な骨折に対しては変形癒合の可能性が高いためか標準治療とはなっていない.また12歳以上では大転子外側刺入の髄内釘が頻用されるが,これも本邦では販売されていない.一方で近年はSubmuscular plateが不安定な骨折型には好んで用いられるようになり,フレキシブルネイルによる合併症を劇的に改善できたとSinkらは報告した.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】手術の目的・適応・概要 小児の大腿骨骨幹部骨折に対して従来は保存療法が選択されていたが,近年は学童期の小児には創外固定,髄内釘,フレキシブルネイルやプレートを使用した手術療法が好まれる傾向にある.骨折に伴う早期の運動障害を防ぐ医学的な目的のみならず,介護する家族の負担を軽減する社会的目的もその理由に挙げられる.海外では学童期(6~11歳)の症例に対してはフレキシブルネイルが大腿骨骨幹部骨折の標準治療と考えられているが,本邦では手術手技に熟練が必要なことや不安定な骨折に対しては変形癒合の可能性が高いためか標準治療とはなっていない.また12歳以上では大転子外側刺入の髄内釘が頻用されるが,これも本邦では販売されていない.一方で近年はSubmuscular plateが不安定な骨折型には好んで用いられるようになり,フレキシブルネイルによる合併症を劇的に改善できたとSinkらは報告した.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。