専門医に求められる最新の知識 機能外科 パーキンソン病の薬物治療、DBS手術適応、術後のケア

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】パーキンソン病(PD)の治療は初期には対症的な薬物療法が基本であるが、薬剤だけでは症状のコントロールが困難な患者に対しては、脳深部刺激療法(DBS)が広く行われるようになった。薬物療法は通常、L-ドパまたはドパミンアゴニスト(AD)で開始され、進行期になると各種補助薬が併用される。病状の進行とともに薬剤量が増えていくとウェアリングオフやジスキネジアといった運動合併症が出現し、症状コントロールが非常に困難となる。こうした患者に対して、次の治療ステップとしてDBSが考慮される。DBSの適応については、年齢、認知機能、主体となる症状、導入時期、ターゲットの選択などについても十分に検討する必要がある。DBSの導入後は、薬物とDBSとの作用機序の異なる2通りの治療手段が使えるので、これらをうまく組み合わせて、さらに長期的な症状の進行に備えることができる。術後の刺激・薬剤調整は非常に重要で、同一医師により行われるのが望ましい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】パーキンソン病(PD)の治療は初期には対症的な薬物療法が基本であるが、薬剤だけでは症状のコントロールが困難な患者に対しては、脳深部刺激療法(DBS)が広く行われるようになった。薬物療法は通常、L-ドパまたはドパミンアゴニスト(AD)で開始され、進行期になると各種補助薬が併用される。病状の進行とともに薬剤量が増えていくとウェアリングオフやジスキネジアといった運動合併症が出現し、症状コントロールが非常に困難となる。こうした患者に対して、次の治療ステップとしてDBSが考慮される。DBSの適応については、年齢、認知機能、主体となる症状、導入時期、ターゲットの選択などについても十分に検討する必要がある。DBSの導入後は、薬物とDBSとの作用機序の異なる2通りの治療手段が使えるので、これらをうまく組み合わせて、さらに長期的な症状の進行に備えることができる。術後の刺激・薬剤調整は非常に重要で、同一医師により行われるのが望ましい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。