周産期のこころ 臨床心理士のつぶやき 第147回 言葉を超えて 居る臨床

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】2013年8月、8年勤務した総合母子保健センター愛育病院・新生児科(NICU)を退職しました。 周産期の意味すらよく分からなかったころ、私は都内の教育相談室に勤務していました。たくさんの親子と会う中で、〈この親子はどんなふうに出会って、共に生活し、親子の関係性を築いてきたのだろう〉という素朴な疑問が、親子が最初に出会う『周産期の心理臨床』への関心となり、自ら望んでNICUという特別な空間へ飛び込みました。しかし、実際にNICUという場にわが身を置いてみると、これまでに感じたことのない緊張と、何をしたらよいのか、いや、何もできないという戸惑いとに圧倒されました。保育器の中の小さな赤ちゃんと、赤ちゃんを心配そうに見つめる家族を前に、掛ける言葉すら見つからず、自己紹介の挨拶をしてそっと横に居させてもらうのがやっとでした。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】2013年8月、8年勤務した総合母子保健センター愛育病院・新生児科(NICU)を退職しました。 周産期の意味すらよく分からなかったころ、私は都内の教育相談室に勤務していました。たくさんの親子と会う中で、〈この親子はどんなふうに出会って、共に生活し、親子の関係性を築いてきたのだろう〉という素朴な疑問が、親子が最初に出会う『周産期の心理臨床』への関心となり、自ら望んでNICUという特別な空間へ飛び込みました。しかし、実際にNICUという場にわが身を置いてみると、これまでに感じたことのない緊張と、何をしたらよいのか、いや、何もできないという戸惑いとに圧倒されました。保育器の中の小さな赤ちゃんと、赤ちゃんを心配そうに見つめる家族を前に、掛ける言葉すら見つからず、自己紹介の挨拶をしてそっと横に居させてもらうのがやっとでした。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。