【ヘリコバクター感染症の最新知見 -H.pyloriの感染病態、診断、治療を中心として】 H.pylori感染と胃癌

750円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ピロリ菌が胃粘膜上皮細胞に接着すると、4型分泌装置を介して発癌蛋白CagAが胃粘膜上皮細胞内に注入され、上皮内でチロシンリン酸化されSHP-2と結合する。これまで、CagAの上皮細胞内の移入により、上皮細胞内のシグナル伝達系に様々な変化が生じることが明らかになった。また、CagAには大きく分けて東アジア型と欧米型の2つの分子多型があり、東アジア型のCagAを持った菌株は欧米型のCagAを持った株に比べ、胃粘膜上皮細胞内でのCagA-SHP-2の結合能が強く、上皮細胞内のシグナル伝達系を大きく変化させ、胃発癌に関与すると考えられている。東アジア型のCagAを持つ日本のピロリ菌感染は、胃癌リスクが高いと考えられる。これまでに、ピロリ菌除菌治療による胃癌発症抑制効果も大規模介入試験で証明され、現在、日本では、ピロリ菌感染胃炎に対する除菌治療が保険適用になっている。今後、胃癌撲滅を進める上で、ピロリ菌除菌を積極的に実施していくことが重要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 750 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ピロリ菌が胃粘膜上皮細胞に接着すると、4型分泌装置を介して発癌蛋白CagAが胃粘膜上皮細胞内に注入され、上皮内でチロシンリン酸化されSHP-2と結合する。これまで、CagAの上皮細胞内の移入により、上皮細胞内のシグナル伝達系に様々な変化が生じることが明らかになった。また、CagAには大きく分けて東アジア型と欧米型の2つの分子多型があり、東アジア型のCagAを持った菌株は欧米型のCagAを持った株に比べ、胃粘膜上皮細胞内でのCagA-SHP-2の結合能が強く、上皮細胞内のシグナル伝達系を大きく変化させ、胃発癌に関与すると考えられている。東アジア型のCagAを持つ日本のピロリ菌感染は、胃癌リスクが高いと考えられる。これまでに、ピロリ菌除菌治療による胃癌発症抑制効果も大規模介入試験で証明され、現在、日本では、ピロリ菌感染胃炎に対する除菌治療が保険適用になっている。今後、胃癌撲滅を進める上で、ピロリ菌除菌を積極的に実施していくことが重要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。