【ヘリコバクター感染症の最新知見 -H.pyloriの感染病態、診断、治療を中心として】 H.hepaticus、H.bilisと肝胆道系疾患

750円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】H.hepaticus、H.bilisは、マウスの病原体として報告され、マウスの肝癌や炎症性腸疾患のモデル動物として研究され始めた。培養は非常に難しく、マウスから最初の培養成功報告後も、マウスやヒトからの分離培養成功例はほとんどない。しかし近年、肝疾患の患者検体からの遺伝子の検出や抗体価の検出が報告され始めていることから、マウスだけではなく、ヒトの疾患にも関係していることが考えられる。この菌の病原性は、毒素が疑われており、毒素と宿主反応の関係も興味深い。今後、様々な疾患でヒトから検出され、培養に成功すると、ヒト疾患との関連性が明らかになっていくと考えられる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 750 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】H.hepaticus、H.bilisは、マウスの病原体として報告され、マウスの肝癌や炎症性腸疾患のモデル動物として研究され始めた。培養は非常に難しく、マウスから最初の培養成功報告後も、マウスやヒトからの分離培養成功例はほとんどない。しかし近年、肝疾患の患者検体からの遺伝子の検出や抗体価の検出が報告され始めていることから、マウスだけではなく、ヒトの疾患にも関係していることが考えられる。この菌の病原性は、毒素が疑われており、毒素と宿主反応の関係も興味深い。今後、様々な疾患でヒトから検出され、培養に成功すると、ヒト疾患との関連性が明らかになっていくと考えられる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。