【いつ,どこで,どう支えるか ─高齢患者の看護】 自宅退院する高齢患者のリロケーション ダメージを最小にするための看護援助

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 厚生労働省の第2期医療費適正化計画においては,厳しい財政状況と少子高齢化により平均在院日数の短縮化の推進,2011年度からは今後の高齢者の増加を見据えた医療・介護提供体制の構築として在宅医療の推進・充実がいっそう求められている。短期間の入院,できるだけ慣れ親しんだ自宅への退院という流れは,高齢者にとって安心できることである一方で,退院後の生活を見据えた質の高い看護援助を在院中に実施することが求められる。 リロケーションダメージは環境変化によるストレスによって生じる抑うつや病状の悪化・再発などの心身へのダメージのことである。高齢者のリロケーション形態は,「家から施設へ」「施設から施設へ」「家から家へ」の三形態が主であり,「施設(医療機関)から家へ」という環境の変化は高齢者にとっては慣れ親しんだ自宅に帰るということから,予測可能な環境の変化でネガティブな影響は少ないとされてきた。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 厚生労働省の第2期医療費適正化計画においては,厳しい財政状況と少子高齢化により平均在院日数の短縮化の推進,2011年度からは今後の高齢者の増加を見据えた医療・介護提供体制の構築として在宅医療の推進・充実がいっそう求められている。短期間の入院,できるだけ慣れ親しんだ自宅への退院という流れは,高齢者にとって安心できることである一方で,退院後の生活を見据えた質の高い看護援助を在院中に実施することが求められる。 リロケーションダメージは環境変化によるストレスによって生じる抑うつや病状の悪化・再発などの心身へのダメージのことである。高齢者のリロケーション形態は,「家から施設へ」「施設から施設へ」「家から家へ」の三形態が主であり,「施設(医療機関)から家へ」という環境の変化は高齢者にとっては慣れ親しんだ自宅に帰るということから,予測可能な環境の変化でネガティブな影響は少ないとされてきた。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。