書籍の詳細

金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論の第1巻!!!!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

僕たちがやりましたのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 先のことなんて考えず、仲のいい友人たちとワイワイ愉快に過ごせればいいや。自分の高校時代を思い出すと、そんな風に考えて過ごしていたような気がします。

    この作品の主人公・トビオも、将来の夢はないけれど、仲間たちとふざけあいながら毎日をそこそこ楽しく生きられればいいと願う男子高校生です。

    序盤は、おバカな男子高校生たちの日常が描かれていて青春ギャグマンガ風に話が進んでいきます。が、トビオの仲間のひとり・マルのちょっとした悪ノリをきっかけに、何やら不穏な空気が流れ始め、ついには大事件へと発展。トビオの望むそこそこな日常は、とんでもない非日常へと変わってしまいます。

    ストーリー自体は重い展開ですが、ギャグシーンがいいアクセントとなって、スラスラとテンポよく読み進められます。主要メンバーのおバカっぷりはなかなかのものですが、なぜか憎めません(笑)。

    そして、因果応報とはいえ、突然絶望的な非日常に叩き落されたメンバーの不安定に揺れる心情の描写に惹きつけられました。

    どんな結末を迎えるのか、とても楽しみな作品です!!
    • 参考になった 10
    投稿日:2017年01月06日