書籍の詳細

春―― 楽しい大学生活の始まりのはずが、コンプレックスの大きなお尻のせいでトラブル勃発!? 寮生活の初日、電車でチカンに遭った雨宮を助けたのは、たくましく大きな手。その手がふいに自分のお尻に触れた瞬間、甘い声が出てしまい…!? そのショックから、お礼も言えないまま逃げ出してしまった雨宮。このことは忘れよう…そう思った矢先、寮で再び出会ったのは――…! (男の尻を触りたいなんて…)(男なのにお尻で感じるなんて…)奇跡の触り心地に尻フェチ覚醒 × 加速する桃尻コンプレックス!! 戸惑う心は誰のせい?

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

尻フェチなんかに好かれてたまるかのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    あと一歩欲しい
    尻をめぐる大学生同士(尻フェチ×でか尻コンプレックス、同級生)のもつれ合いの話です。
    自分が尻フェチなので、毎回期待に尻を膨らませながら単話を追いかけていましたが…
    尻オンリーを見れば、適度に大きく柔らかく、弾力もありそうでなかなか良い感じです(^^)
    ただ、その尻が揉まれるシーンでは、手の入り込む角度や指の食い込み方にイマイチ色気が足りません。
    色々なアングルから描こうとしている試みは感じます。が、絵は上手いけど描き込みがあっさりしているためなのか?あまりワクワクできませんでした…
    1巻の描写が一番良いかもしれません。
    全体的に薄い軽い展開ですが、最後にお義理で気持ちが通じ合った後の絡みのシーンは、無意味に部屋の窓が全開であることに気が気でなく、あまり集中できませんでした(ー ー;)
    題名が題名だけに、あともう一歩!尻に固執した表現をして欲しかったです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年02月18日