初めて描く人のための漫画キャラデッサン

1600円 (税別)

獲得ポイント 16pt (1%還元)

魅力的なキャラクターを描くためのデッサン上達術のプロセスをわかりやすく解説する。口絵はビギナーが思い描く描きたい絵の最終段階であるカラー絵を提示し、最終段階である色彩作業でアナログ線のデジタルへの抽出方法から行程を追い、デジタルで描く線、ツールの説明、デジタル塗りの種類とかゆいところに手が届く構成で解説。第1章はまず「絵を描く」ことが初めてのビギナーに勧める第1段階として、トレースから入ります。形はとることはありませんが、トレースは意外と難しく、ビギナーが間違えやすいところを徹底的に解説します。第2章は第2段階として、隣にお手本を置いて行う模写について解説。形をとる方法として、構図を立体的に理解する「立体視」と、座標と比率で形を割り出す「平面視」のふたつの方法を紹介します。第3章はその「平面視」的アプローチで、沢山の漫画技法書ベストセラーを生んだ伊原達矢氏の人体ゲージ、伊原メソッドを掲載。第4章は「立体視」についての解説です。第5章では実際に一枚の絵を描き上げていく手順を今までの説明を取り入れ丁寧に解説しています。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 1600 円(税別)

魅力的なキャラクターを描くためのデッサン上達術のプロセスをわかりやすく解説する。口絵はビギナーが思い描く描きたい絵の最終段階であるカラー絵を提示し、最終段階である色彩作業でアナログ線のデジタルへの抽出方法から行程を追い、デジタルで描く線、ツールの説明、デジタル塗りの種類とかゆいところに手が届く構成で解説。第1章はまず「絵を描く」ことが初めてのビギナーに勧める第1段階として、トレースから入ります。形はとることはありませんが、トレースは意外と難しく、ビギナーが間違えやすいところを徹底的に解説します。第2章は第2段階として、隣にお手本を置いて行う模写について解説。形をとる方法として、構図を立体的に理解する「立体視」と、座標と比率で形を割り出す「平面視」のふたつの方法を紹介します。第3章はその「平面視」的アプローチで、沢山の漫画技法書ベストセラーを生んだ伊原達矢氏の人体ゲージ、伊原メソッドを掲載。第4章は「立体視」についての解説です。第5章では実際に一枚の絵を描き上げていく手順を今までの説明を取り入れ丁寧に解説しています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。