なぜか、マンガになる日本語

900円 (税別)

獲得ポイント 9pt (1%還元)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本語の慣用句表現が醸しだす不思議でアナーキーな世界。「臭い仲」「胸に一物」「ひじ鉄砲を食わす」「顔から火が出る」……など、日本語の慣用句の字面を眺めてみると、ちょっと笑えてきませんか。本書は、76の「マンガになる慣用句」を選び出し、揚げ足をとって、ダジャレでとことん遊んでみたものです。著者は『問題な日本語』のイラストで評判のいのうえさきこさん。日本語が醸しだす、不思議でアナーキーな世界に触れてみてください。*目次より◎えらいことになってます ■歯が浮く ■腹黒い ■身から出たサビ ……◎ホントのところ、よくわからない ■生ける屍 ■屁の河童 ■濡れ手で粟 ……◎イタズラごころがムクムク ■足を引っぱる ■心を鬼にする ■一肌脱ぐ ……◎すごすぎるカラダ ■大目玉を食う ■総毛立つ ■血が騒ぐ ……◎だから、それがどうした ■尻の穴が小さい ■鼻毛を伸ばす ■骨がある ……◎たぶん、とても痛い ■身を焦がす ■顔がつぶれる ■老骨に鞭打つ ……◎いったい何がしたいのか ■木で鼻をくくる ■臭い仲 ■猫をかぶる ……

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 900 円(税別)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本語の慣用句表現が醸しだす不思議でアナーキーな世界。「臭い仲」「胸に一物」「ひじ鉄砲を食わす」「顔から火が出る」……など、日本語の慣用句の字面を眺めてみると、ちょっと笑えてきませんか。本書は、76の「マンガになる慣用句」を選び出し、揚げ足をとって、ダジャレでとことん遊んでみたものです。著者は『問題な日本語』のイラストで評判のいのうえさきこさん。日本語が醸しだす、不思議でアナーキーな世界に触れてみてください。*目次より◎えらいことになってます ■歯が浮く ■腹黒い ■身から出たサビ ……◎ホントのところ、よくわからない ■生ける屍 ■屁の河童 ■濡れ手で粟 ……◎イタズラごころがムクムク ■足を引っぱる ■心を鬼にする ■一肌脱ぐ ……◎すごすぎるカラダ ■大目玉を食う ■総毛立つ ■血が騒ぐ ……◎だから、それがどうした ■尻の穴が小さい ■鼻毛を伸ばす ■骨がある ……◎たぶん、とても痛い ■身を焦がす ■顔がつぶれる ■老骨に鞭打つ ……◎いったい何がしたいのか ■木で鼻をくくる ■臭い仲 ■猫をかぶる ……

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。