傷害調査でわかること 7 調査結果をどのようにまとめ、伝えるか

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】毎日、データを入力した後、集計と分析を行うことで、ケガの予防につなげていく。今回は、蓄積されたデータをどのようにまとめるかについて。 前回までに、「傷害調査の重要性」「傷害調査の基本となる定義」「傷害調査項目」「傷害発生率(Injuryrate)の考え方と算出方法」そして「傷害調査のシステムづくり」などについて説明させていただきました。基本的な傷害調査の考え方や実際の行い方、さらに現場の方々が調査を行いやすくするためのシステムづくりの重要性についてご理解いただけたかと思います。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】毎日、データを入力した後、集計と分析を行うことで、ケガの予防につなげていく。今回は、蓄積されたデータをどのようにまとめるかについて。 前回までに、「傷害調査の重要性」「傷害調査の基本となる定義」「傷害調査項目」「傷害発生率(Injuryrate)の考え方と算出方法」そして「傷害調査のシステムづくり」などについて説明させていただきました。基本的な傷害調査の考え方や実際の行い方、さらに現場の方々が調査を行いやすくするためのシステムづくりの重要性についてご理解いただけたかと思います。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。