第4章 細胞3次元組織化培養のための周辺技術 1.生体シグナル因子固定化

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】生体シグナル因子は,タンパク質,遺伝子,脂質など,細胞機能を調節する物質である。本来,生体内で固相化されている生体シグナル因子を幹細胞の培養に利用するためには,生体内を模倣した培養基材への固定化が必要である。生体シグナル因子の固定化において最も重要な点は,その生物活性を損なうことなく固定化することである。生体シグナル因子の固定化は,共有結合を介した方法と非共有結合を介した方法とに大別することができる。それらの方法の中で,特異的な相互作用を利用した配向固定化が生体シグナル因子の生物活性を増強できることがわかった。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】生体シグナル因子は,タンパク質,遺伝子,脂質など,細胞機能を調節する物質である。本来,生体内で固相化されている生体シグナル因子を幹細胞の培養に利用するためには,生体内を模倣した培養基材への固定化が必要である。生体シグナル因子の固定化において最も重要な点は,その生物活性を損なうことなく固定化することである。生体シグナル因子の固定化は,共有結合を介した方法と非共有結合を介した方法とに大別することができる。それらの方法の中で,特異的な相互作用を利用した配向固定化が生体シグナル因子の生物活性を増強できることがわかった。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧53冊の書籍

1~50件/53件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。