第3章 細胞3次元組織化のための培養技術 5.細胞集合体技術 3)間葉系幹細胞の集合体化技術と軟骨再生医療への応用

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】培養系で体の組織構造を再生させる研究として提唱された組織再生工学は,多能性をもつ幹細胞とその足場となるバイオマテリアルの使用により急速に発展してきた。さらに細胞シート工学をもとに,足場を要しない細胞集合体として移植する多くの新技術が開発された。われわれは,関節において重要な機能を担う軟骨組織の再生を目的として,独自の方法で間葉系幹細胞と細胞自身が合成する細胞外基質からなる細胞集合体を作製する技術を開発し,これを種々の軟骨への細胞移植法として応用した。修復軟骨の組織学・生体力学的考察からはさらなる治療への展開が提示された。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】培養系で体の組織構造を再生させる研究として提唱された組織再生工学は,多能性をもつ幹細胞とその足場となるバイオマテリアルの使用により急速に発展してきた。さらに細胞シート工学をもとに,足場を要しない細胞集合体として移植する多くの新技術が開発された。われわれは,関節において重要な機能を担う軟骨組織の再生を目的として,独自の方法で間葉系幹細胞と細胞自身が合成する細胞外基質からなる細胞集合体を作製する技術を開発し,これを種々の軟骨への細胞移植法として応用した。修復軟骨の組織学・生体力学的考察からはさらなる治療への展開が提示された。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧53冊の書籍

1~50件/53件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。