第2章 細胞3次元組織化のための加工材料技術 10.細胞接着試薬 1)細胞接着性ペプチドと細胞の3次元組織化への応用

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】細胞外マトリクスに含まれる細胞接着分子(タンパク質)の活性部位やそれに関連する調節分子が,分子生物学的手法によって明らかにされた。その結果,種々の細胞接着性タンパク質の細胞接着活性部位のアミノ酸配列が,細胞接着性ペプチドとして数多く明らかにされてきた。本稿では,フィブロネクチンやコラーゲンに代表される細胞接着活性部位のアミノ酸配列について述べる。さらには,フィブロネクチンの細胞接着活性部位であるRGDS配列を含んだ種々の分子を設計し,細胞の環境をコントロールする手法や3次元組織化をめざした細胞集合体作製方法についても記載する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】細胞外マトリクスに含まれる細胞接着分子(タンパク質)の活性部位やそれに関連する調節分子が,分子生物学的手法によって明らかにされた。その結果,種々の細胞接着性タンパク質の細胞接着活性部位のアミノ酸配列が,細胞接着性ペプチドとして数多く明らかにされてきた。本稿では,フィブロネクチンやコラーゲンに代表される細胞接着活性部位のアミノ酸配列について述べる。さらには,フィブロネクチンの細胞接着活性部位であるRGDS配列を含んだ種々の分子を設計し,細胞の環境をコントロールする手法や3次元組織化をめざした細胞集合体作製方法についても記載する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧53冊の書籍

1~50件/53件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。