【ますます臨床利用が進む遺伝子検査 -その現状と今後の展開そして課題-】 第2章 分子標的治療のための体細胞遺伝子検査の現況 1.肺がん

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年,肺がんに対する新薬・分子標的薬の開発が進み,実臨床に導入されると同時に目覚ましい効果を上げている。特にEGFRチロシンキナーゼ阻害剤,ALK阻害剤は,それらの遺伝子変化があれば標準治療として組み入れられており,遺伝子テストの結果がなければ治療戦略を決定できないまでになっている。この現状に対して2013年,国際的なガイドラインが発表された。このガイドラインは関連3学会(米国病理医協会,世界肺がん学会, 遺伝子病理協会)から出されており,それぞれ病理,臨床,遺伝子検査に対しての推奨が含まれている。ここでは,遺伝子検査への推奨を中心に概説し,本邦における問題点を論じた。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年,肺がんに対する新薬・分子標的薬の開発が進み,実臨床に導入されると同時に目覚ましい効果を上げている。特にEGFRチロシンキナーゼ阻害剤,ALK阻害剤は,それらの遺伝子変化があれば標準治療として組み入れられており,遺伝子テストの結果がなければ治療戦略を決定できないまでになっている。この現状に対して2013年,国際的なガイドラインが発表された。このガイドラインは関連3学会(米国病理医協会,世界肺がん学会, 遺伝子病理協会)から出されており,それぞれ病理,臨床,遺伝子検査に対しての推奨が含まれている。ここでは,遺伝子検査への推奨を中心に概説し,本邦における問題点を論じた。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧33冊の書籍

1~33件/33件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。