【ますます臨床利用が進む遺伝子検査 -その現状と今後の展開そして課題-】 第3章 生殖細胞系列遺伝学的検査の臨床応用 1.ファーマコゲノミクス検査の最前線 1)薬物代謝酵素・薬物トランスポーター多型診断の臨床的意義

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】薬物代謝酵素と薬物トランスポーターは,食事などで不可避に摂取された生体異物や生理的過程で生じた生体に有害な低分子化合物を体外へ排泄するために重要な生体防御機構としての機能をもつタンパク質と考えられており,生体異物である医薬品はこれらの基質となる。これらタンパク質の遺伝子多型のうちタンパク質を完全に欠損するものや,タンパク質機能あるいは発現量に著しい変化をもたらすものについては,薬物動態に影響する結果,効果や副作用と関連する場合がある。現状,日本において実臨床で診断が実施されている例は多くはないが,新薬開発や個別化医療の進展に伴い診断の臨床的意義が明確になれば,診断項目が増えていく可能性がある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】薬物代謝酵素と薬物トランスポーターは,食事などで不可避に摂取された生体異物や生理的過程で生じた生体に有害な低分子化合物を体外へ排泄するために重要な生体防御機構としての機能をもつタンパク質と考えられており,生体異物である医薬品はこれらの基質となる。これらタンパク質の遺伝子多型のうちタンパク質を完全に欠損するものや,タンパク質機能あるいは発現量に著しい変化をもたらすものについては,薬物動態に影響する結果,効果や副作用と関連する場合がある。現状,日本において実臨床で診断が実施されている例は多くはないが,新薬開発や個別化医療の進展に伴い診断の臨床的意義が明確になれば,診断項目が増えていく可能性がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧33冊の書籍

1~33件/33件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。