【ますます臨床利用が進む遺伝子検査 -その現状と今後の展開そして課題-】 第2章 分子標的治療のための体細胞遺伝子検査の現況 4.造血器腫瘍の分子標的薬治療のための体細胞遺伝子検査

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】造血器腫瘍のゲノムシークエンス情報の生物学的研究の成果の結果,診断・治療に有用なバイオマーカーの解明とともに分子標的薬の開発および臨床利用が進められている。特に慢性骨髄性白血病において,ABLチロシンキナーゼを標的としたチロシンキナーゼ阻害剤は単独治療にて治癒が期待でき,治療体系・診断体系が劇的に変化した。そこで体細胞遺伝子検査は,その治療選択,治療モニタリング,治療効果,治療抵抗性の指標として大きな役割をもつ。新規の分子標的薬の個別患者における選択には,体細胞遺伝子検査として,治療標的となる遺伝子異常の検出とともに,従来治療における予後リスク評価のための遺伝子異常の検出が必要となる。造血器腫瘍の分子標的薬治療における遺伝子検査の多くは検査室独自の方法であり,良質な診療にはこれら検査の質確保に向けての取り組みが望まれる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】造血器腫瘍のゲノムシークエンス情報の生物学的研究の成果の結果,診断・治療に有用なバイオマーカーの解明とともに分子標的薬の開発および臨床利用が進められている。特に慢性骨髄性白血病において,ABLチロシンキナーゼを標的としたチロシンキナーゼ阻害剤は単独治療にて治癒が期待でき,治療体系・診断体系が劇的に変化した。そこで体細胞遺伝子検査は,その治療選択,治療モニタリング,治療効果,治療抵抗性の指標として大きな役割をもつ。新規の分子標的薬の個別患者における選択には,体細胞遺伝子検査として,治療標的となる遺伝子異常の検出とともに,従来治療における予後リスク評価のための遺伝子異常の検出が必要となる。造血器腫瘍の分子標的薬治療における遺伝子検査の多くは検査室独自の方法であり,良質な診療にはこれら検査の質確保に向けての取り組みが望まれる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧33冊の書籍

1~33件/33件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。