【脳内環境 -維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 第3章 脳内環境をモニターするイメージング 5.脳内環境変化による興奮性シナプス制御の分子イメージング解析

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年,分子イメージング技法は急速に発展しつつある。本稿では,全反射顕微鏡を用いた1分子イメージングを応用した興奮性シナプスの制御機構に関する研究を解説する。ヒトを含む哺乳類の脳神経系において,主要な興奮性シナプス伝達を担う神経伝達物質はグルタミン酸である。シナプス後膜側に発現するグルタミン酸受容体の局在と輸送の変化を継時的にライブイメージングすることにより,精神・神経疾患の原因遺伝子が興奮性シナプスに与える影響について可視化解析が可能となる。この方法は様々に応用でき,今後,脳内環境の恒常性に関わる多様な因子とその異常に誘発される各種疾患の発症機構の解明が期待される。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年,分子イメージング技法は急速に発展しつつある。本稿では,全反射顕微鏡を用いた1分子イメージングを応用した興奮性シナプスの制御機構に関する研究を解説する。ヒトを含む哺乳類の脳神経系において,主要な興奮性シナプス伝達を担う神経伝達物質はグルタミン酸である。シナプス後膜側に発現するグルタミン酸受容体の局在と輸送の変化を継時的にライブイメージングすることにより,精神・神経疾患の原因遺伝子が興奮性シナプスに与える影響について可視化解析が可能となる。この方法は様々に応用でき,今後,脳内環境の恒常性に関わる多様な因子とその異常に誘発される各種疾患の発症機構の解明が期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧33冊の書籍

1~33件/33件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。