【脳内環境 -維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 第2章 神経・非神経細胞ネットワークと脳内環境 13.筋萎縮性側索硬化症におけるタンパク質の線維化とシーディング現象

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】タンパク質は適切な立体構造を構築することで生理機能を発揮するが,変異や環境の変化が引き金となってその構造を変化させ,細胞内外で線維状に凝集することがある。このようなタンパク質線維が脳・神経組織に蓄積すると神経細胞死の原因となって神経変性疾患を引き起こすことが提案されているが,タンパク質の線維化が神経細胞に及ぼす影響についてはいまだに明らかでない。本稿では,神経変性疾患の一種である筋萎縮性側索硬化症に着目し,その原因タンパク質の1つであるSOD1を中心に取り上げて,タンパク質の線維化とシーディング現象に関する最近の研究成果を紹介したい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】タンパク質は適切な立体構造を構築することで生理機能を発揮するが,変異や環境の変化が引き金となってその構造を変化させ,細胞内外で線維状に凝集することがある。このようなタンパク質線維が脳・神経組織に蓄積すると神経細胞死の原因となって神経変性疾患を引き起こすことが提案されているが,タンパク質の線維化が神経細胞に及ぼす影響についてはいまだに明らかでない。本稿では,神経変性疾患の一種である筋萎縮性側索硬化症に着目し,その原因タンパク質の1つであるSOD1を中心に取り上げて,タンパク質の線維化とシーディング現象に関する最近の研究成果を紹介したい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧33冊の書籍

1~33件/33件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。