【臓器浮腫・うっ血の病態とその治療法】 腎臓の浮腫・うっ血の病態と治療法

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腎臓の浮腫・うっ血をきたす病態として臨床的に重要なのは心不全である。近年、心不全と腎不全は密接に関連しており、心腎症候群(CRS)という一連の病態として捉えられるようになった。腎臓のうっ血、すなわち腎静脈のうっ滞はCRS1型と2型で認められる。これらの病態においては、心拍出量の低下や腎血流量の低下ではなく腎静脈圧の上昇や腹腔内圧の上昇により腎臓のうっ血と糸球体濾過量(GFR)の低下をきたす。また、これら血行動態の変化によるもの以外に、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン(RAA)系や交感神経系、炎症性サイトカインなどもCRSの腎障害に関与している。CRSの治療としては速やかなうっ血の解除と同時に腎機能の保持が求められ、適切な利尿薬の使用を必要とする。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腎臓の浮腫・うっ血をきたす病態として臨床的に重要なのは心不全である。近年、心不全と腎不全は密接に関連しており、心腎症候群(CRS)という一連の病態として捉えられるようになった。腎臓のうっ血、すなわち腎静脈のうっ滞はCRS1型と2型で認められる。これらの病態においては、心拍出量の低下や腎血流量の低下ではなく腎静脈圧の上昇や腹腔内圧の上昇により腎臓のうっ血と糸球体濾過量(GFR)の低下をきたす。また、これら血行動態の変化によるもの以外に、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン(RAA)系や交感神経系、炎症性サイトカインなどもCRSの腎障害に関与している。CRSの治療としては速やかなうっ血の解除と同時に腎機能の保持が求められ、適切な利尿薬の使用を必要とする。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。