【臓器浮腫・うっ血の病態とその治療法】 心臓の浮腫・うっ血の病態と治療法

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】心臓は循環を司るポンプであり、全身の臓器灌流、水分バランス調節に対して最も影響を及ぼす臓器であるが、心臓自体における水分調節に関しては不明な部分が多い。心臓の循環は他臓器と同様に動脈系、毛細血管系、静脈系、リンパ管系で構成されるが、拍動という臓器特性から他の臓器とは異なる特徴も多くもち、そのバランスの破綻により生じる心臓浮腫はたとえわずかであっても心機能に与える影響がきわめて大きいことが知られている。心臓浮腫を呈する疾患は心筋炎、心臓移植後などが代表的であるが実際にはさまざまな疾患で起こりうる病態であり、それを理解することはきわめて重要である。特に臨床における心臓浮腫の評価に関しては長い間定量化が困難であったが、近年の画像診断の発展に伴い徐々にその意義が示されつつある。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】心臓は循環を司るポンプであり、全身の臓器灌流、水分バランス調節に対して最も影響を及ぼす臓器であるが、心臓自体における水分調節に関しては不明な部分が多い。心臓の循環は他臓器と同様に動脈系、毛細血管系、静脈系、リンパ管系で構成されるが、拍動という臓器特性から他の臓器とは異なる特徴も多くもち、そのバランスの破綻により生じる心臓浮腫はたとえわずかであっても心機能に与える影響がきわめて大きいことが知られている。心臓浮腫を呈する疾患は心筋炎、心臓移植後などが代表的であるが実際にはさまざまな疾患で起こりうる病態であり、それを理解することはきわめて重要である。特に臨床における心臓浮腫の評価に関しては長い間定量化が困難であったが、近年の画像診断の発展に伴い徐々にその意義が示されつつある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。