【臓器浮腫・うっ血の病態とその治療法】 肝臓の浮腫・うっ血の病態と治療法

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝硬変では心拍出量が増加して全身の循環動態は高心拍出量状態(hyperdynamic state)になっているが、末梢血管抵抗は低下して腎への有効循環血液量は減少し、自由水クリアランスや尿中Na排泄は低下している。これを代償するために血管収縮性のNa・水貯留因子が増加し、体液貯留により肝性の浮腫や腹水貯留をきたす。治療法としてはこれまで安静、塩分制限、利尿薬投与などが行われてきたが、治療に反応せず腹水穿刺や腹水濾過濃縮再静注法、腹腔-静脈シャント術といった治療を余儀なくされる症例もみられた。2013年9月に肝硬変における体液貯留を適応としてバソプレシンV2受容体を選択的に阻害するトルバプタンが承認され、既存の利尿薬では十分な効果が得られない肝硬変患者に対する新たな治療選択肢として期待されている。一方で、トルバプタンは投与初期のモニタリングや投与期間など留意すべき点もあり、注意が必要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝硬変では心拍出量が増加して全身の循環動態は高心拍出量状態(hyperdynamic state)になっているが、末梢血管抵抗は低下して腎への有効循環血液量は減少し、自由水クリアランスや尿中Na排泄は低下している。これを代償するために血管収縮性のNa・水貯留因子が増加し、体液貯留により肝性の浮腫や腹水貯留をきたす。治療法としてはこれまで安静、塩分制限、利尿薬投与などが行われてきたが、治療に反応せず腹水穿刺や腹水濾過濃縮再静注法、腹腔-静脈シャント術といった治療を余儀なくされる症例もみられた。2013年9月に肝硬変における体液貯留を適応としてバソプレシンV2受容体を選択的に阻害するトルバプタンが承認され、既存の利尿薬では十分な効果が得られない肝硬変患者に対する新たな治療選択肢として期待されている。一方で、トルバプタンは投与初期のモニタリングや投与期間など留意すべき点もあり、注意が必要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。