【がん分子標的治療の副作用と対策】 II 副作用別対策 肝炎

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子標的薬には、B型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化や薬剤性肝障害により、重篤化すると生命が脅かされる肝障害を発症するリスクがある。HBV再活性化による肝障害はがん治療の継続を困難とし、劇症化して致命的となる場合もあるが、未然に防ぐことが可能な場合が多く、「B型肝炎治療ガイドライン」に従って対応することが重要である。分子標的薬による薬剤性肝障害では、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)やipilimumabなどによる肝障害に注意が必要である。診断においては、閉塞性黄疸・腫瘍増大・ウイルス性肝炎・併用薬による肝障害を鑑別することが重要である。治療は、まずは休薬が重要で、必要に応じて副腎皮質ステロイド投与を行う。分子標的治療を行ううえで、HBVの再活性化や薬剤性肝障害など、分子標的薬の投与に伴う肝障害を熟知しておくことが重要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子標的薬には、B型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化や薬剤性肝障害により、重篤化すると生命が脅かされる肝障害を発症するリスクがある。HBV再活性化による肝障害はがん治療の継続を困難とし、劇症化して致命的となる場合もあるが、未然に防ぐことが可能な場合が多く、「B型肝炎治療ガイドライン」に従って対応することが重要である。分子標的薬による薬剤性肝障害では、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)やipilimumabなどによる肝障害に注意が必要である。診断においては、閉塞性黄疸・腫瘍増大・ウイルス性肝炎・併用薬による肝障害を鑑別することが重要である。治療は、まずは休薬が重要で、必要に応じて副腎皮質ステロイド投与を行う。分子標的治療を行ううえで、HBVの再活性化や薬剤性肝障害など、分子標的薬の投与に伴う肝障害を熟知しておくことが重要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。