【がん分子標的治療の副作用と対策】 II 副作用別対策 間質性肺炎

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん治療薬としての分子標的薬は年々増加しており、目覚ましい発展を遂げている。分子標的薬の重大な副作用の1つである間質性肺炎は薬剤ごとに頻度、重症度に差はあるものの致死的になる重篤性を有している。治療開始前のリスク評価として喫煙歴および間質性肺炎の合併を確認し、治療により得られる奏効率を考慮したうえでの選択が望まれる。また、間質性肺炎の診断には胸部CT画像上の両側非区域性のすりガラス陰影、バイオマーカーとしてのKL-6値の上昇が有用であるが、原疾患の進行、感染症合併、心不全の鑑別が必要である。間質性肺炎の診断後には原因薬剤の中止、必要に応じたステロイド投与が治療の原則であるが、mTOR阻害薬などの例外的な対応が求められることもあり、適正なマネージメントが必要になる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん治療薬としての分子標的薬は年々増加しており、目覚ましい発展を遂げている。分子標的薬の重大な副作用の1つである間質性肺炎は薬剤ごとに頻度、重症度に差はあるものの致死的になる重篤性を有している。治療開始前のリスク評価として喫煙歴および間質性肺炎の合併を確認し、治療により得られる奏効率を考慮したうえでの選択が望まれる。また、間質性肺炎の診断には胸部CT画像上の両側非区域性のすりガラス陰影、バイオマーカーとしてのKL-6値の上昇が有用であるが、原疾患の進行、感染症合併、心不全の鑑別が必要である。間質性肺炎の診断後には原因薬剤の中止、必要に応じたステロイド投与が治療の原則であるが、mTOR阻害薬などの例外的な対応が求められることもあり、適正なマネージメントが必要になる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。