【がん分子標的治療の副作用と対策】 II 副作用別対策 皮膚障害・手足症候群

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん化学療法に伴う皮膚障害は、軽症であっても外見的な変化に伴う心理的な苦痛から患者のQOLを著しく損なう場合もあり、重症例では生活に差し支えることもある。加えて抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体薬など一部の分子標的薬においては、その皮膚毒性の出現が治療効果の予測因子となることが示されていることから、皮膚障害の予防や症状コントロールは治療の成否にきわめて重要と考えられる。また、この皮膚症状のコントロールには、患者自身による毎日のセルフケアが特に重要である。がん治療期間における患者のQOLをより改善し、また抗がん薬治療の効果を最大限に引き出すためには、皮膚障害の多面的なマネジメントが重要であり、今後ますます多職種での協働が大切になってくると思われる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん化学療法に伴う皮膚障害は、軽症であっても外見的な変化に伴う心理的な苦痛から患者のQOLを著しく損なう場合もあり、重症例では生活に差し支えることもある。加えて抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体薬など一部の分子標的薬においては、その皮膚毒性の出現が治療効果の予測因子となることが示されていることから、皮膚障害の予防や症状コントロールは治療の成否にきわめて重要と考えられる。また、この皮膚症状のコントロールには、患者自身による毎日のセルフケアが特に重要である。がん治療期間における患者のQOLをより改善し、また抗がん薬治療の効果を最大限に引き出すためには、皮膚障害の多面的なマネジメントが重要であり、今後ますます多職種での協働が大切になってくると思われる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。