【がん分子標的治療の副作用と対策】 I 薬剤別副作用対策 造血器腫瘍に対する分子標的薬

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】造血器腫瘍領域では、白血病、リンパ腫、骨髄腫などに対して、低分子化合物や抗体製剤などの分子標的薬が他に先駆けて臨床応用され、画期的な成果を挙げている。一方で、分子標的薬投与により従来の抗がん薬とは異なる特異的な副作用が出現し、多くの場合に投与量の規定因子となることも明らかになってきている。今後も数多くの新規分子標的薬の登場が期待されるが、投与時の副作用は治療薬を選択するうえでも重要な因子であり、その使用にあたっては十分な理解と経験が求められる。また多くの薬剤は、十分な治療効果を達成し、維持するために長期間の投与を必要とすることから、長期安全性にも十分な注意が必要である。本稿では、造血器腫瘍に対する代表的な分子標的薬であるチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)、抗体製剤(抗CD20抗体、抗CCR4抗体)、プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬(IMiDs)の主な副作用とその対策について概説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】造血器腫瘍領域では、白血病、リンパ腫、骨髄腫などに対して、低分子化合物や抗体製剤などの分子標的薬が他に先駆けて臨床応用され、画期的な成果を挙げている。一方で、分子標的薬投与により従来の抗がん薬とは異なる特異的な副作用が出現し、多くの場合に投与量の規定因子となることも明らかになってきている。今後も数多くの新規分子標的薬の登場が期待されるが、投与時の副作用は治療薬を選択するうえでも重要な因子であり、その使用にあたっては十分な理解と経験が求められる。また多くの薬剤は、十分な治療効果を達成し、維持するために長期間の投与を必要とすることから、長期安全性にも十分な注意が必要である。本稿では、造血器腫瘍に対する代表的な分子標的薬であるチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)、抗体製剤(抗CD20抗体、抗CCR4抗体)、プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬(IMiDs)の主な副作用とその対策について概説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。