【がん分子標的治療の副作用と対策】 I 薬剤別副作用対策 マルチキナーゼ阻害薬

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん分子標的薬のなかには、1剤で複数のキナーゼ活性を阻害するものがあり、マルチキナーゼ阻害薬と総称される。代表的なマルチキナーゼ阻害薬には、血管内皮増殖因子(VEGF)やc-kit、血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)などの阻害作用をもつスニチニブがあり、皮膚・粘膜障害、心血管イベントなど多様な副作用を高頻度に生じ、そのマネージメントにはしばしば難渋する。また、昨今臨床実地に登場したPl3K-AKT-mTOR経路やMEK-MAPK経路を標的とした薬剤、今後期待されているインスリン様成長因子受容体(IGFR)、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)を標的とした薬剤にも、それぞれ固有の副作用プロファイルが報告されている。最近では耐性克服あるいはより抗腫瘍効果を高めるために異なる作用機序の分子標的薬を併用する検討も進んでおり、各経路固有の有害事象を理解しておくことがますます重要となるであろう。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん分子標的薬のなかには、1剤で複数のキナーゼ活性を阻害するものがあり、マルチキナーゼ阻害薬と総称される。代表的なマルチキナーゼ阻害薬には、血管内皮増殖因子(VEGF)やc-kit、血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)などの阻害作用をもつスニチニブがあり、皮膚・粘膜障害、心血管イベントなど多様な副作用を高頻度に生じ、そのマネージメントにはしばしば難渋する。また、昨今臨床実地に登場したPl3K-AKT-mTOR経路やMEK-MAPK経路を標的とした薬剤、今後期待されているインスリン様成長因子受容体(IGFR)、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)を標的とした薬剤にも、それぞれ固有の副作用プロファイルが報告されている。最近では耐性克服あるいはより抗腫瘍効果を高めるために異なる作用機序の分子標的薬を併用する検討も進んでおり、各経路固有の有害事象を理解しておくことがますます重要となるであろう。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。