Cancer biology and new seeds 乳がん治療におけるCDK4/6阻害薬

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】セリン/スレオニンキナーゼファミリーであるサイクリン依存性キナーゼ(CDKs)は細胞周期に関わる因子の1つであり、とりわけCDK4/6は細胞周期の要ともいえるG1/S期への移行を促進するキナーゼである。乳がんだけでなく、多くのがん種でCDK4/6活性が亢進し、細胞周期が異常にS期へと進行し、がん細胞の増殖を促進している。基礎実験では、CDK4/6阻害薬は、乳がん、特にエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんに対してホルモン療法との併用により細胞増殖抑制効果をもつことが示された。CDK4/6阻害薬のうちpalbociclibに関しては特に開発が進んでおり、ER陽性再発乳がんに対する1次治療としてレトロゾールとの併用療法を検証する第II相臨床試験が行われ、palbociclib併用群で無増悪生存期間、奏効率の改善を示した。この薬剤は米国食品医薬品局(FDA)よりBreakthrough Therapyの指定を受けており、今後、乳がん治療のkey drugとなることが期待される。また現在、第III相臨床試験が進行中であり結果が待たれる。ほかにも、abemaciclibなどほかのCDK4/6阻害薬や、術後内分泌療法との併用療法における試験も進行中であり注目されている。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】セリン/スレオニンキナーゼファミリーであるサイクリン依存性キナーゼ(CDKs)は細胞周期に関わる因子の1つであり、とりわけCDK4/6は細胞周期の要ともいえるG1/S期への移行を促進するキナーゼである。乳がんだけでなく、多くのがん種でCDK4/6活性が亢進し、細胞周期が異常にS期へと進行し、がん細胞の増殖を促進している。基礎実験では、CDK4/6阻害薬は、乳がん、特にエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんに対してホルモン療法との併用により細胞増殖抑制効果をもつことが示された。CDK4/6阻害薬のうちpalbociclibに関しては特に開発が進んでおり、ER陽性再発乳がんに対する1次治療としてレトロゾールとの併用療法を検証する第II相臨床試験が行われ、palbociclib併用群で無増悪生存期間、奏効率の改善を示した。この薬剤は米国食品医薬品局(FDA)よりBreakthrough Therapyの指定を受けており、今後、乳がん治療のkey drugとなることが期待される。また現在、第III相臨床試験が進行中であり結果が待たれる。ほかにも、abemaciclibなどほかのCDK4/6阻害薬や、術後内分泌療法との併用療法における試験も進行中であり注目されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。