座談会 新しい分子標的治療の副作用対策

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子標的薬は従来の殺細胞性抗がん薬とは異なる副作用プロファイルを有し、各薬物が標的とするものによってもその副作用の特徴は異なる。血管内皮増殖因子(VEGF)に対する薬物では、血圧上昇、手足症候群、蛋白尿や甲状腺機能障害など、上皮成長因子受容体(EGFR)に対する薬物では、皮膚毒性、下痢、肺障害や電解質異常、また最近になって悪性黒色腫で承認されたBRAF阻害薬では、有棘細胞がん(SCC)や色素性病変などの皮膚毒性が認められ、さらに免疫チェックポイント阻害薬では、皮疹、下痢、肝障害、ホルモン異常や間質性肺炎が報告されている。しかし、腎細胞がん(RCC)におけるアキシチニブや膵がんにおけるエルロチニブ、大腸がんにおけるセツキシマブ、パニツムマブ、肺がんや頭頸部がんにおけるセツキシマブなどでは、治療効果と副作用との関連性が指摘されており、いかに副作用をうまくコントロールしながら、それらの分子標的薬を使っていくかが重要となっている。分子標的薬の副作用を十分に理解し、それを管理することは、薬の効果を最大限に発揮させ、最終的に患者さんのベネフィットにつながる。分子標的薬の多彩な副作用をマネジメントするには、それぞれの副作用に合わせた医療チームが必要であり、皮膚科や呼吸器内科など複数の診療科との連携が不可欠である。さらに看護師、薬剤師などとのチーム形成も今後さらに重要性を増してくる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子標的薬は従来の殺細胞性抗がん薬とは異なる副作用プロファイルを有し、各薬物が標的とするものによってもその副作用の特徴は異なる。血管内皮増殖因子(VEGF)に対する薬物では、血圧上昇、手足症候群、蛋白尿や甲状腺機能障害など、上皮成長因子受容体(EGFR)に対する薬物では、皮膚毒性、下痢、肺障害や電解質異常、また最近になって悪性黒色腫で承認されたBRAF阻害薬では、有棘細胞がん(SCC)や色素性病変などの皮膚毒性が認められ、さらに免疫チェックポイント阻害薬では、皮疹、下痢、肝障害、ホルモン異常や間質性肺炎が報告されている。しかし、腎細胞がん(RCC)におけるアキシチニブや膵がんにおけるエルロチニブ、大腸がんにおけるセツキシマブ、パニツムマブ、肺がんや頭頸部がんにおけるセツキシマブなどでは、治療効果と副作用との関連性が指摘されており、いかに副作用をうまくコントロールしながら、それらの分子標的薬を使っていくかが重要となっている。分子標的薬の副作用を十分に理解し、それを管理することは、薬の効果を最大限に発揮させ、最終的に患者さんのベネフィットにつながる。分子標的薬の多彩な副作用をマネジメントするには、それぞれの副作用に合わせた医療チームが必要であり、皮膚科や呼吸器内科など複数の診療科との連携が不可欠である。さらに看護師、薬剤師などとのチーム形成も今後さらに重要性を増してくる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧24冊の書籍

1~24件/24件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。