予防 インフルエンザ経鼻ワクチンについて

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】インフルエンザ経鼻ワクチンはその名の通り鼻に噴霧して投与するタイプのワクチンである。現在注射で行われている皮下接種のワクチンと比較し痛みをともなわず簡便に接種が可能である。しかしその特徴は接種の簡便さだけでなく誘導される免疫に大きな違いがある。現行のワクチンで誘導される免疫はおもに血中を循環する全身性の液性免疫であるのに対して経鼻ワクチンは粘膜表面に分泌型IgA抗体を誘導する。血中の抗体はインフルエンザウイルスの感染を阻止するものではないのに対し粘膜免疫の主役である分泌型IgA抗体は粘膜面の表面で感染を阻止することができる。さらに分泌型IgA抗体には変異ウイルスに対する交叉防御能がある。インフルエンザ粘膜ワクチンは粘膜免疫を誘導しインフルエンザワクチンの目標を達成するための強力なツールになる。しかし粘膜免疫とりわけ呼吸器におけるその機能についてはまだ不明な点が多い。粘膜ワクチンもその臨床開発はまだこれからである。次世代ワクチンとしての粘膜免疫誘導による不活化経鼻インフルエンザワクチンの開発について概説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】インフルエンザ経鼻ワクチンはその名の通り鼻に噴霧して投与するタイプのワクチンである。現在注射で行われている皮下接種のワクチンと比較し痛みをともなわず簡便に接種が可能である。しかしその特徴は接種の簡便さだけでなく誘導される免疫に大きな違いがある。現行のワクチンで誘導される免疫はおもに血中を循環する全身性の液性免疫であるのに対して経鼻ワクチンは粘膜表面に分泌型IgA抗体を誘導する。血中の抗体はインフルエンザウイルスの感染を阻止するものではないのに対し粘膜免疫の主役である分泌型IgA抗体は粘膜面の表面で感染を阻止することができる。さらに分泌型IgA抗体には変異ウイルスに対する交叉防御能がある。インフルエンザ粘膜ワクチンは粘膜免疫を誘導しインフルエンザワクチンの目標を達成するための強力なツールになる。しかし粘膜免疫とりわけ呼吸器におけるその機能についてはまだ不明な点が多い。粘膜ワクチンもその臨床開発はまだこれからである。次世代ワクチンとしての粘膜免疫誘導による不活化経鼻インフルエンザワクチンの開発について概説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。